アドセンス

2009年01月30日

フリ−タ−

フリーターとは】研究してみましょう

<記事>
【フリーター】とはいったいなんのことなのでしょうか?
最近、【フリーター】という言葉をニュースや新聞などで多く見かけます。
どうやらこの【フリーター】というものは年々増えてきているようです。
ドクター、ライター、ファイターなどと言いますから、【フリーター】とはそのようなある種の特徴をもつ人たちのことを言うのかもしれません。
そうです、【フリーター】とは定職につかずに、アルバイトをしながら生活するひとのことで、フリーアルバイターとも言うそうです。
【フリーター】と聞くと、若者をイメージしがちですが、意外と退職をされたような年長の方や主婦の方がお小遣い稼ぎをされていたりするようです。
中高年の【フリーター】の方も少なくないようです。
では、そんなにも幅広い年齢層の人々からなる【フリーター】とはどんなメリットがあるのでしょうか。

【フリーター】とはある人にとっては自分らしく、自分に合っているため評価されている生き方ですが、賛否両論なのが現状です。
【フリーター】になる人の理由は様々なようです。
自分のやりたいことが見つけられないため【フリーター】になり、自分探しをしている人がいる一方で、自分のやりたいことのためにあえて【フリーター】という生き方を選んでいる人もいると聞きます。
【フリーター】とはあらゆる異なった背景や目的をもつ人々の集まりと言えるでしょう。
わたしはニュースや新聞などの【フリーター】に関する記事を読んでいて、どうしてこんなにも【フリーター】について批判的な考えを持つ人が多いのだろうと思ったものです。
人の人生を他人がとやかく言えないのと同じように、【フリーター】という生き方を選択した人がその【フリーター】という選択をとやかく言われるというのはナンセンスなのではないかと思ったのです。
しかし、【フリーター】が増えることにより起こる問題があるのも確かなようです。

【フリーター】とはそのような賛否両論にある立場ではありますが、こんなにもどんどん増え続けるのはなぜなのでしょうか。
【フリーター】をしながら、自分のつき進めたい道を歩く人が増えてきたからでしょうか?
それとも、なにか社会に問題があるのでしょうか?
わたし個人としては【フリーター】という生き方が良い、悪いとは言えないような気がします。
それは【フリーター】をしている人の価値観や状況は全く異なっているからです。
しかし、【フリーター】とはどういうことで、どのような問題があるかという情報を正しく得て自分にとって【フリーター】とはどんなものか考えることが大切かもしれないですね。



posted by jj-harada at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。