アドセンス

2009年05月25日

【シニア保険】の比較方法

【シニア保険】の比較をしたいのですが、【シニア保険】と言ってもいろいろあるのですね。
いえね、私たち夫婦ももう人生の半分以上を過ぎ、そろそろ【シニア保険】に切り替えようかと思っているんですよ。
アフラックの”優しいフォーエバー”などという【シニア保険】も注目されているようですね。
まあ、あくまでも保険の保険なので、小さな【シニア保険】でいいと思っています。
もともと月々の掛け金は安い代わりに補償金額も少ないのが【シニア保険】です。
本当の【シニア保険】の比較というのはそこまでしないといけないのでしょうけどね。
最近は【シニア保険】をはじめ、女性向けの保険や子供向けの保険など、無選択型保険は競って発売されています。
【シニア保険】などの無選択型保険は、外資系企業の商品が人気のようですね。

【シニア保険】の比較と一口に言っても、全て比べるのはとても大変です。
実際にそうした保険会社の【シニア保険】に加入している人の意見や感想も知りたいので、ブログやサイトも大いに読んでみようと思っています。
年齢や性別などを入力する事によって、それぞれの【シニア保険】の詳しいデータが出て来るサイトなんかもあるようですね。
とは言え、発売されている【シニア保険】一つ一つを全部チェックしていくのはとても面倒そうです。
これまでの保険だけでは今後不安な事もあるので、保険の保険として【シニア保険】に入ろうかと思いましてね。
そこで、いくつかの【シニア保険】をピックアップして、資料請求をする事にしました。

【シニア保険】には死亡保障型と医療保障型の2パターンが主流のようです。
けれど、【シニア保険】は手軽に入れますし、医師の審査などが要らない保険を無選択型保険と言うそうですね。
例えばアリコの【シニア保険】だったら”入れます!”、アメリカンホームダイレクトなら”これからだ!”と言ったところでしょうか。
毎月の掛け金はそう大きな差はないようですが、保障の条件には【シニア保険】ごとに特徴があります。
いくら【シニア保険】の資料を取り寄せてじっくり見比べてみたところで、そう簡単には決められないでしょうね。
最近はインターネットで簡単に【シニア保険】の事を調べられるようにはなりました。
まずは【シニア保険】に関するブログやサイトを読んでから、何社かの資料を取り寄せた方がいいかも知れませんね。
そして、届いたいろいろな【シニア保険】の資料を片手にもう一度ブログやサイトをチェックするのが最高の比較方法なのではないかと思っています。
posted by jj-harada at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。